電気自動車・electriccarはゼロエミッション?

電気自動車・electriccarに真実を追求しましょう。実際に電気自動車・electriccarは、CO2排出量低減にどの程度貢献することができているのでしょうか。

しっかり貢献することができ、はじめて、電気自動車・electriccarは大きな存在意味を持つことになるのではないでしょうか。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう

CO2排出量低減にどの程度貢献しているのか

ハイブリッド(プリウス)と電気自動車・electriccar(現行日産リーフ)をちょっと比較してみましょう。

プリウスはガソリンですが、電気自動車・electriccarは、電気なので、単純に燃費に対しての比較はすることができませんが、 プリウスのケースでは、走行段階でCO2発生量に対して、ガソリン製造時のCO2発生量をプラスしたものがトータル的発生量となります。

電気自動車・electriccarは日本では、日本の発電方法別のCO2排出量をもとにして計算する必要があります。

30~40%程度削減

ただし、おおざっぱに計算をすれば、CO2排出量をどの程度削減出来るのかといえば、電気自動車・electriccarは、 30~40%程度削減することができるメリットがあります。

CO2排出量に対しての削減貢献度は、プリウスが100なら、電気自動車・electriccarは、60~70程度です。

<h2>電気自動車・electriccarの課題</h2>

電気自動車・electriccarに対して言えば、まだまだ、短い航続距離とか、高い価格、またいまだ不足傾向の充電インフラ……といった問題点を露呈することができますが、 それでも電気自動車・electriccarは、CO2削減効果が期待出来るというのも事実です。

中国やインドの場合

ただし、世界的に見れば、CO2排出量がもっとも多い石炭発電が主力の中国やインドにおいてもっと考えていかなければならないことがあるでしょう。

それでもそれぞれの国が、電気自動車・electriccarと向き合っているのは、 深刻な大気汚染対策が関与しているからです。

また、自動車・electriccarに対しての熱い意識が、自国の自動車産業の育成につなげることができるという思いもあるでしょう。

とにかく、自動車・electriccarと向き合うモチベーションが、自動車産業の最先端を行っているという意識です。

今後、電気自動車・electriccarをどうとらえればいいか

私達は、電気自動車・electriccarをどうとらえればいいのでしょうか。電気自動車・electriccarにシフトされることに対して、懸念材料は存在していないのでしょうか。

例えば、休日になると発生してしまう急速充電器の充電待ちの問題は、果たしてどう解決されていくのでしょう。電力確保も大きな課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です