自動車自動運転・autonomouscarはハードルが高い?

はっきりと言って自動運転・autonomouscarの世界って、まだまだいろいろ高いハードルがあります。

みなさんはすぐそこに自動運転・autonomouscarの世界があると思っているのかもしれませんが、そんな楽観的問題なのでしょうか。

自動運転・autonomouscarの実現

みなさん、自動運転・autonomouscarの未来に期待満々でいらっしゃることでしょう。

そんな中、自動運転の列車が逆走というニュースが飛び込んで来ました。

自動車と比較して、列車は、操舵という機構がありません。 軌道を走るという制約の中で、自動運転・autonomouscarの機能を果たせばいいので、自動運転・autonomouscarは自動車よりも単純メカニズムです。

実際に、列車の世界では、運転士のミスを軽減させる目的より、自動運転・autonomouscarのモチベーションはあったのです。

しかし、その自動運転・autonomouscarが、逆走事故を起こしてしまったというのは、かなり自動車の自動運転・autonomouscarと向き合う人たちも衝撃ニュースだったのではないでしょうか。

そして自動車の自動運転・autonomouscarにどのような影響を今後与えることになるのでしょうか。

横浜シーサイドラインが運行・金沢シーサイドラインの逆走事故

横浜シーサイドラインが運行する金沢シーサイドラインの逆走事故によって、自動車の自動運転・autonomouscarは、どうなのかということも今後考えていかなければならないでしょう。

自動運転・autonomouscar列車は、比較的安全性が高いものと言われていたのです。

しかし、そのようなものでも、結果事故率をゼロにすることができませんでした。

また、神奈川県で今度は横浜市営地下鉄ブルーラインの脱線事故が起きています。

本当に列車においても自動運転・autonomouscarの発想は正しかったのでしょうか。

そして、発進して良かったのでしょうか。

日本にとって鉄道は、安全で、かつ効率の良い交通手段という認識を持っている人たちが多いことでしょう。

しかし自動運転・autonomouscarのシステムがどんなに優れていたとしても、システムは老朽化し、日々、事故の確率を高めてしまうことになります。

そして、いま自動運転・autonomouscarは、スタートしたばかりと言えばスタートしたばかりです。実績もなく、人たちが自動運転・autonomouscarは、安心という思いは誤解です。

自動車の自動運転・autonomouscarと、列車の自動車の自動運転・autonomouscarは構造が全然違うものなので、ストレートに比較出来るものではありませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です