自動車・自動運転・autonomouscarは開発途上?

まだまだ、自動運転・autonomouscarは、開発途上であり、実現するためには、いろいろな問題を解決していかなければならないでしょう。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう

いろいろな問題

自動運転・autonomouscarが、安易に開発・実現してしまえば、ハッキングで自動運転車が無人の兵器になるリスクをより高めてしまうかもしれません。

自動運転・autonomouscarは、無人で自動車を走行させることができる手段なのです。

自動運転・autonomouscarの中に大量の爆弾を積み、深刻な悲劇を起こすことは、ほぼ間違いないのかもしれません。

しかし、自動運転・autonomouscarのメーカーは、そのような事態が想定出来るにも関わらず、日常生活で便利なものだからという理由で、発進させてしまうかのかもしれません。

いつの時代でも、時代とは、デメリットを引き受けて進歩しているのかもしれないですよね。

事故を故意におこす可能性

また、自動運転・autonomouscarは、いろいろな問題を提起することができます。

事故を故意におこすことが出来る可能性も、自動運転・autonomouscarによって浮上します。

自動運転・autonomouscarは、システムをハッキングされてしまうと、第3者が勝手に遠隔操作が出来てしまうのです。そうなれば、 行き先を変更されることができ、 スピードを調節させることができ、意図的に悪巧みを考える輩が、危険な運転をしむけ、交通事故をおこさせる可能性まで出てきてしまうことになります。

世の中は、健全な精神の持ち主だけで構成されている訳ではありませんからね。自動運転・autonomouscarを悪用しようと思えば、今までの自動車よりももっといろいろ凶悪犯罪に利用も出来てしまうのではないでしょうか。

その事態を、いま自動運転・autonomouscarメーカーは、深刻に考えていかなければなりません。

しかし、それでも何も解決しないうちに、自動運転・autonomouscarの文化は発進されてしまうのかもしれないですよね。

なぜなら、自動運転・autonomouscarというシステムを多くの人たちが求めているからです。

まさに、自動運転・autonomouscarは、私達の夢であり、未来です。

私達は、自動運転・autonomouscarは、交通事故がゼロになるための自動車でもありませんし、既にお話ししたような犯罪に利用されてしまうリスクも存在しているということをしっかり理解する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です